腕・手の毛を毛抜きなどで抜いて処理するデメリット・リスク

MENU

腕・手の毛を毛抜きなどで抜いて処理するデメリット・リスク

腕や手の毛を自分でお手入れする方法として、毛抜きなどで抜いて処理する方法があります。
毛抜きを使うのであれば、毛抜きはそうそう壊れるものでもないですから、1つ購入すれば長い間使うことができますので、費用の面ではほとんどかからない方法と言ってもいいでしょう。
(カミソリだと、刃が悪くなったりしますからね。)

 

ただし、この方法にはいくつものデメリットやリスクがあります。
まず、とにかく時間がかかるというのは大きなデメリットです。
ピンセットを用いて1本1本抜いていくのですから、カミソリでシェービングをするように広い範囲を短時間で処理するというようにはいきません。
その他にも自分でできるムダ毛処理の方法はいくつかありますが、他の方法と比較しても毛抜きによる処理は、すごく時間と手間がかかります。
また、痛みが強いというのもデメリットでしょう。
(時間も手間もかかる上に、痛みも強いという事で、毛抜きで処理しようと思ったけれど、途中で断念してしまった、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?)

 

その他の毛抜きによる処理のデメリットとしては、手が届かない所の毛が処理できないというものです。
(まあ他の方法でも、手の届かないところは大体処理できませんけど。)
ただ、この点に関しては、手や腕の毛の場合には大体の部分は手が届きますので、さほど問題にはならないでしょう。
(二の腕は部分的に見えづらいところがあるので、そこは処理が難しいかもしれません。)

 

毛抜きによる処理のデメリットやリスクとして最大のものは、生えている体毛を無理矢理抜いていくことに起因するものです。
毛を引き抜く時に、毛穴に無理な力がかかってしまうので、毛穴が開いてしまう可能性もあります。
また、毛を抜く時に、毛穴周辺の皮膚を引っ張りますので、こういう処理をし続ける事によって、毛穴周辺の肌が盛り上がり、鳥肌のような状態になってしまうおそれもあります。
それに、毛を抜く時に肌や毛穴に大きな負担をかけるわけですので、その負担が原因で色素沈着を起こしてしまう事もあり得ます。
その他では、埋没毛ができてしまうリスクもあるでしょう。

 

このように、毛を抜いて処理する方法というのは、とてもリスクの大きい方法で、肌のトラブルなどをいろいろと起こしやすいということを知っておくべきでしょう。

 

まとめると、毛抜きによる処理のデメリットは、
・手間と時間がかかる
・痛みが強い
・肌トラブル等のリスクが高い
という感じです。

 

それに対して、メリットと言えるものは、根元から抜いて処理するので、再度その毛穴から毛が生えてくるまでの時間の長さぐらいでしょうか。
(それと、冒頭に挙げた、費用の安さですね。)
メリットと言えるものは、この程度しかありませんので、デメリットの大きさに見合ったメリットがあるとはとても言えません。
ですので、毛抜きによるムダ毛処理は、メリットは小さく、デメリットばかりが大きい、とても割に合わない処理方法だと言えるでしょう。

 

様々なムダ毛処理の方法の特徴をまとめたページもあります。
【まとめ】女性の腕・手のムダ毛の処理方法〜様々な処理の特徴〜

 

 

おすすめランキングはこちら