腕・手の毛をカミソリなどで剃って処理するデメリット・リスク

MENU

腕・手の毛をカミソリなどで剃って処理するデメリット・リスク

腕や手の毛を身近なカミソリなどで剃って処理するのは、とても手軽な方法です。
(毛を剃るのに使う道具としては、電動シェーバーなどもありますね。)

 

簡単に処理できて手軽でいいのですが、デメリットとしては、一時的な処理でしかないということです。
カミソリ処理は表面のムダ毛を処理するだけなので、根元はそのまま残ります。
成長をさせる根元が残っているために、すぐに成長をするため、何回でもシェービングをし続けないといけない事になります。
特に、夏場などは目立ちますので、こまめなシェービングを必要とします。

 

パーツ的にも目立ちやすく、意外と太い毛も数本はありますので、お手入れをしないわけにはいきません。
仕事の時なども、何かと人の手というのはよく見られているもので、そこにムダ毛が生えていたら台無しです。

 

デメリットでもある何回もするシェービングは、とにかく面倒なものです。
忙しく働いて疲れて帰った夜などは、シェービングをする気にもならないでしょう。
面倒なお手入れを適当にしてしまうと、翌日の明るい時間に見たら、剃り残しがあるということも考えられます。

 

それに面倒になってきて適当にシェービングをしてしまうと、腕などの肌にカミソリで傷をつけてしまうリスクもありますので、気を付けないといけません。
カミソリの刃はよく切れますし、腕での後ろ側などはシェービングもしにくくて、うっかり傷をつけてしまったら大変です。
だから、シェービングをするときには、心身ともに余裕があり、時間もあるときのほうが安全にお手入れができます。

 

カミソリでのシェービングは、準備とアフターケアもあるので、それも手間に思えるところです。
準備としては処理前に、素肌にシェービングクリームなどを塗布するといったことです。
ボディソープや石鹸を使う人もいますが、シェービングで傷付いた皮膚には洗浄成分が刺激になりますので、おすすめではありません。

 

また、シェービングをした後はすごく乾燥をしますので、必ず保湿クリームやローションで潤いを与える必要があります。
この手間はデメリットと感じるかもしれませんが、やっておかないと皮膚のトラブルになります。

 

ただし、剃刀などによって毛を剃って処理するリスク・デメリットはこれに留まりません。
そもそもムダ毛を剃って処理する事自体にリスクがありますので、仮に、心身ともに余裕がある時に、きちんとシェービングジェルなどを使って保護しながら丁寧に剃ったとしても、リスクを避ける事はできません。
(もちろん、リスクは小さくはなります。)
なぜなら、かみそりなどで毛を剃ると、自分では気づかないような小さな傷がたくさんできてしまっているのです。
それでも、たまに剃る程度であれば、ほとんど問題は起こりませんが、頻繁に剃るとなると、小さな傷が治る前にさらに傷付ける事になってしまいます。
こういった事を繰り返して、肌にダメージを与え続けてしまうと、黒ずみができる原因になってしまいます。
また、肌の状態が悪化する事によって、毛穴が目立ちやすくなる場合もあります。
(埋没毛ができてしまうリスクも高まります。)
頻繁にムダ毛を剃る事には、こういったリスクがありますので、カミソリなどを使って処理する場合には、たまに処理する程度に留めておくのが無難でしょう。

 

様々なムダ毛処理方法の特徴【まとめ】はこちら

 

 

おすすめランキングはこちら