腕・手の毛を除毛クリームで処理するデメリット・リスク

MENU

腕・手の毛を除毛クリームで処理するデメリット・リスク

腕や手のムダ毛を処理する方法として、除毛クリームを利用した方法もあります。
除毛クリームは毛を溶かす作用のある薬剤で、ムダ毛を溶かして処理します。

 

カミソリでシェービングをするよりも、見た目の仕上がりはキレイなものです。
また、カミソリで剃った後、毛が少し伸びてくると、ジョリジョリとした感触になりますが、除毛クリームではそういった感触になる事はありません。
(カミソリだと剃った断面が尖るためジョリジョリしたりチクチクしたりするのですが、除毛クリームだと処理後の毛先に丸みがありますので、チクチクとした感触にはならないのです。)

 

そして、広い範囲を比較的短時間で、手軽に処理できるというメリットもあります。
(毛を処理したい部分にクリームを塗って、数分程度おいてから洗い流すだけで処理できます。)

 

ですが、除毛クリームにも、デメリットや考えられるリスクはあります。
まず、毛を溶かせるほどの強力な成分を配合した薬剤ですので、肌に影響が無いわけがありません。

 

中には、除毛クリームが肌に合わずに肌トラブルを起こす人もいますので、事前にパッチテストする必要があります。
そして、このパッチテストは、一度試して大丈夫だったから、次からはしないというのではなく、出来る限り毎回した方が無難でしょう。
(例えば、肌の状態が良い時に大丈夫だったとしても、生理などで肌が敏感になっている場合には、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。)

 

そして、最も大きなデメリットは、除毛クリームで処理できるのは、表面に出ている毛だけ、という事です。
そのため、除毛クリームで日常的に無駄毛を処理しようとすると、頻繁に使用する事になります。
ですが、先ほど述べた通りで、除毛クリームは強力な薬剤ですから、頻繁に使用するのは好ましい事ではありません。
一度や二度使用して大丈夫だったとしても(大丈夫なように表面上見えたとしても)、そんな強力な薬剤ですから肌に影響が無いわけがありません。
そしてそれを頻繁に使用したとすると、肌トラブルを起こす可能性がより高くなるわけです。
ですから、除毛クリームによるムダ毛処理は、たまにするのであれば良い方法ですが、除毛クリームを日常的なムダ毛処理に使うというのはやめておいた方が無難でしょう。

 

『【まとめ】女性の腕・手のムダ毛の処理方法〜様々な処理の特徴〜』はこちら

 

 

おすすめランキングはこちら