サロンの腕毛や指毛の脱毛の痛みについて〜どのくらい痛い?〜

MENU

サロンの腕毛や指毛の脱毛の痛みについて〜どのくらい痛いの?〜

脱毛エステの施術は、「フラッシュ脱毛」という方法が主流になっており、施術時にはある程度の痛みがありますが、指毛や腕毛の場合はさほど強く痛いと感じるということはないでしょう。

 

フラッシュ脱毛の仕組みについては、ムダ毛などの全身の体毛に存在している、メラニンという黒い色素に反応して、熱を与える作用がある特殊な光を専用の機器を用いて照射し、毛根の細胞にダメージを与えることにより、ムダ毛を除去するというメカニズムです。
光を照射した際に、毛根に生じる熱によって、一瞬少しだけ痛い(熱い)と感じるのですが、その痛みは肌を輪ゴムで弾いた時のような軽いものと表現されることが多いです。
(もちろん、痛みの感覚は人それぞれですから、感じ方も人それぞれ違ってくるでしょう。)

 

同じメカニズムの脱毛方法に、医療レーザー方式がありますが、医療用レーザーと、エステサロンでのフラッシュ脱毛に用いられる光では、後者の方が機器の出力が弱いという特徴があります。
サロンでの脱毛は医療行為ではないため、機器の出力を制限しているのですが、美容皮膚科などの医療機関で行われる医療レーザー脱毛は医師や看護師によって行われる医療行為であり、そのため非常に高い出力による施術が可能になっています。
その出力の違いによって、どの程度痛いと感じるかが変わってくるのです。
また肌を保護するためのジェルを塗るといった施術が行われることからも、サロンでの脱毛の痛みはより少ない・弱いものとなっています。

 

さらには、光の作用する原因になるメラニン色素の量によっても痛みのレベルは変わります。
個人差もありますが、腕毛や指毛は比較的うっすらとした細い産毛に近い毛質のムダ毛であることが多いです。

 

ワキやアンダーヘアに生えるような、太くてゴワゴワとしたムダ毛と比較すると分かるように、腕毛や指毛は遠目で見るとあまり分からないくらい、色素が薄く細くなっています。
このようなうっすらとしたうぶ毛のようなむだ毛には、メラニン色素があまり存在していないため、光を照射してもそこまで大きな熱は生じにくくなっています。
つまり毛根に与えられる熱のダメージが少ないですので、痛みはどちらかと言えば感じにくい傾向にあると言えます。

 

もちろん毛量が多い人や、濃いめの腕毛や指毛などが生えている人は、ある程度痛むことも考えられますが、アンダーヘアや脇毛などといった部位に比べると痛みは少ないと考えてよいでしょう。

 

 

おすすめランキングはこちら