医療レーザーの腕毛や指毛の脱毛の痛みについて〜どのくらい痛い?〜

MENU

医療レーザーの腕毛や指毛の脱毛の痛みについて〜どのくらい痛いの?〜

医療レーザー脱毛は、最近になって、その脱毛効果の高さから人気が高まっています。
特に、効果を早く実感したい人や、サロンでの脱毛を経験済みでその結果に満足できなかった人、敏感肌など肌が弱く不安なのでクリニックでドクターに診察してもらいながら安心して脱毛したい人、きれいな肌になりたい人などの間で人気があります。
また、医療期間での脱毛「医療脱毛」を受ける人が、医療脱毛を選んだ理由として多いのは、永久脱毛をしたいという希望で、脱毛をするなら、ずっとムダ毛の自己処理から解放されたい、いっそのこと永久脱毛をしてしまいたいという事を希望している人たちが選んでいるのです。

 

医療レーザー脱毛は、黒色のメラニン色素に反応するレーザーを、無駄毛を処理したい部分に照射することで、毛に含まれる色素にレーザーのエネルギーが吸収されて、それによって生じる熱によって、毛を作る働きがある毛根部分にダメージを加えて破壊する方法で、一度破壊された毛穴からは、毛が生えてくることはありません。メラニン色素があるむだ毛なら、細かな部分にでもレーザーを当てることができるので、脇や脚に比べて細い腕毛や細かい毛が生えている指毛、手の甲の毛にも効果がある方法です。
医療用レーザーを用いた脱毛は、エステの脱毛と比較して強い痛みがあると言われています。
その理由は、医療用レーザーのパワーが、エステの光脱毛で用いられる光よりも強いため、エステの脱毛に比べると痛いと言われているのです。
腕毛や指毛は、比較的薄い毛が生えている部分なので、濃い毛が生えている部分と比べれば、施術部位に生じる熱が少ないため、痛みが生じにくい部分です。
とはいえ、痛みの程度には毛の濃さや、肌の質なども関係してきますから個人差がありますし、また、痛みの感じ方についても個人差があります。

 

痛みが怖かったり、辛かったりする人は、有料になってしまう場合が多いですが、クリニックなので麻酔クリームを塗ったり、笑気麻酔などを用いたりといった麻酔による対応が可能です。
麻酔を用いれば、痛みを軽減することができるので安心です。
また、腕毛や指毛の脱毛が進んでくると、痛い感じが薄らいで、楽になってくることが一般的です。
(他の部位についても同様です。)
脱毛の初めのころで、メラニン色素が多い状態だと、レーザーが反応するメラニン色素が多いので、痛みも強く感じるのですが、脱毛が進むにつれ、むだ毛の量が減ったり、毛が細くなったりするため、生えている毛に含まれるメラニン色素の量が減ってくるので、レーザーの反応が減り、痛みが少なくなってきます。
そのため、最初の頃は麻酔クリームを塗っていたけれども、後半は、麻酔クリームがいらなくなった、という人います。
また、完了が近くなってくると、わずかに熱を感じる位で、痛みはほとんど気にならなくなった、という人もいます。
痛みが怖い人や、痛くて辛い人は、医師や看護師などに無料カウンセリングなどの機会に相談しておくのが良いでしょう。

 

 

おすすめランキングはこちら